忍者ブログ

紫夢旅人じゃらんじゃらん

思いのままに

命を守る水泳練習を



「プールでおぼれ、6歳男児死亡 橿原市」



また、いたましい事故が



起きてしまいました。



亡くなられた男の子のご冥福をお祈りいたします。



なぜ、水の事故が起きるのでしょうか?



少し考えてみます。



今回、監視人は1人いました。



それでも気づかなかった



と話しているようです。



監視人が任務を



いい加減にしていたのではないと思います。



そこに、



水による事故の秘密が隠されています。



野外活動指導者の立場から言えば、



水深30cmでも人間は溺れます。



そう考えると、



今の水遊び、水泳指導のやり方を



変えていくことが求められます。



水に十分慣れる前に、



泳ぎ方の技術を教え、



その習得練習がすべてのように見えます。


要するに、



泳法違反にならず



タイムを縮めることにエネルギーを注ぎます。



溺れるか溺れないかは、



泳げるか泳げないかも関係しますが、



1番大事なのは水を怖がらないということです。



それに、慌てない。



溺れる人の60%は、無理をします。



泳げない、泳ぎに自信のない人は



絶対無理をしません。



もし、深みにはまったり、



体に異変を感じたらまわりの人に知らせます。



そして、息を吸って底まで沈みます。



死にませんから、絶対あわてないことです。



潜ぐれば必ず浮き上がります。



浮き上がったら、



どんな泳ぎでもいいので、浮いていましょう。



それもできない人は、



犬かきをしてください。



これで2分間は浮いてられます。



その間に必ず助けが来ます。



水に入るときは、必ずこの練習を始めにさせます。



プールならもっと安全ですね。



水に慣れるまで、



泳法より潜って浮き上がる練習をさせるべきです。


PR

コメント

スポンサーリンク

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
3 4 6 7 8
12 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

World-Word-翻訳

お気に入り記事

プロフィール

HN:
mymmy
性別:
非公開
趣味:
水泳 旅行 テレビ
自己紹介:
記事に対するコメントをお願いします。



スポンサーリンク モバイル